スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生鮮食品の表示の基本 生鮮三品

生鮮食品とは、「農産物」「畜産物」「水産物」のことです。


JAS法 ー 「名称」「原産地」の表示が義務

1.「名称」 ー 一般的名称、品種名、標準和名(図鑑等での名称)

例) マグロ(一般的名称) → クロマグロ(標準和名)
   トマト(一般的名称) → 桃太郎(品種名)

2.「原産地名」

国産品

 ●農産物  都道府県名 又は 市町村名その他一般に知られている地名

 ●畜産物  「国産」「日本産」 主な飼養地がある都道府県名、市町村名、その他一般に知られている地名
       2ヶ所以上の飼養地で飼養された場合は、一番長い期間飼養された場所を「主たる飼養地」として
       原産国表示する。アメリカ10ヶ月、カナダ8ヶ月、日本12ヶ月であっても「国産」となる。

 ●水産物  水域名又は地域名(主な養殖場がある都道府県名)
       上記が難しい場合は、水揚港又は水揚港がある都道府県名
      水域名と水揚港併記もOK

輸入品

 ●農産物  原産国名 一般に知られている地名

 ●畜産物  原産国名

 ●水産物  原産国名(水域を併記することも出来る)
 
   http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/kijun_itiran.html

◎野菜  http://www.mikan.gr.jp/info/hinsituhyouji/hinnsituhyouji.html
http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/pdf/kijun_01.pdf
     
 名称  きゅうり  

 原産地 岡山県

品種名の例   桃太郎、男爵、メークイン 

地方特有の名前 九条ねぎ、三浦ダイコン、賀茂なす

原産地の例 「郡名」→夕張郡など  「旧国名」→上総、薩摩、土佐など

「旧国名の別称」→信州、紀州など

輸入品 アメリカ、中国など  カリフォルニア、山東省、福建省等でもOK

例外 生しいたけ 「栽培方法」の表示義務あり H18年農林水産省で制定
http://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/pdf/kijun_06.pdf
  
名称  しいたけ(原木)

原産地 埼玉県

椎茸には、「原木栽培」と「菌床栽培」の2種類がある。

 「原木栽培」 クヌギ・コナラなどの原木に種菌植え付ける栽培方法

 「菌床栽培」 おが屑にふすま、ぬか類、水などを混合してブロック状、円筒状などにかためた培地に種菌を植え付ける栽培方法


カット野菜 単体及び同種混合のカット野菜は生鮮野菜扱い 表示義務も同じ

混合カット野菜 加工食品扱い 原料原産地表示必要です。


◎果物

名称  グレープフルーツ

原産地 カリフォルニア

名称  「バナナ」「かき」「ぶどう」など

品種名 「富有柿」「巨峰」「ふじ」など

原産地 野菜の場合と同等のルール


「防かび剤」について

食品添加物として「イマザリル」「チアベンダゾール」(TBZ)など

使用許可が出ていると同時に表示義務あり。

※食品衛生法では、容器包装されたものを対象。 ばら売りは対象外。

しかしながら、時代の流れもあり ポップ等で表示することを推奨

◎玄米・精米

単一原料米の表示の例

名称          精米
        産地    品種    産年
原料玄米  単一原料米 
        新潟   コシヒカリ 20年産
内容量         5kg
精米年月日     22.05.01
販売者   ○○米穀株式会社
      ○○県○○市○○町○-○-○
      電話番号○○○ー○○ー○○○○


複数原料米の場合

単一原料米の表示の例

名称          精米
        産地    品種    産年   使用割合
原料玄米  複数原料米              10割
       国内産   ヒノヒカリ 20年産    7割
      未検査米         3割
内容量         10kg
精米年月日     22.05.01
販売者   ○○米穀株式会社
      ○○県○○市○○町○-○-○
      電話番号○○○ー○○ー○○○○

①名称 「玄米」「もち精米」「うるち精米(又は精米)」「胚芽精米」

②原料玄米 「単一原料米」かどうか 「産地」「品種」「産年」
      表示にあたって「農産物検査法」による証明が必要。

「複数原料米」の場合、単一米と同じだが、もし証明を受けていない原料玄米(未検査米)がブレンドされる場合は、「未検査米」と表示。

又、その割合を表記しなければならない。

③精米は「精米年月日」、玄米は「調整年月日」が表示義務。混合された場合は、最も古い年月日を記載。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

max10th

Author:max10th
MAX10th

食品の業界に15年います。
「幸せな食」をテーマに、安心・安全・栄養・食育等を扱っていきたいと思っています。
このブログは、まずは食品表示検定が内容のメインとなっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート