スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「容器包装リサイクル法」に関して

1.「容リ法」が対象としている「容器」「包装」とは、商品を入れたり包んだりしているもので、 中身を出したり使ったりすると不要になるものです。

その種類は、ガラスびん、PETボトル、 紙製容器包装、プラスチック 製容器包装、アルミ缶、スチール缶、紙パック、段ボールです。ただし、アルミ缶、スチール缶、紙パック、段ボールは、容リ法ができる以前から市町村が収集した段階で、 有価で販売されリサイクルされているため、 企業にリサイクルする 義務はありません。

2.「識別マーク」の表示
識別マークの目的は、消費者がごみを出すときの分別を容易にし、市町村の分別収集を促進することにあります。改正前の資源有効利用促進法(正式名称:「資源の有効な利用の促進に関する法律」)に基づいて、飲料用のスチール缶やアルミ缶と食料品・清涼飲料・酒類のPETボトル、プラスチック製容器包装、紙製容器包装には、識別マークをつける義務があります。

識別表示ルールの詳細については、経済産業省ホームページ「容器包装の識別表示Q&A」をご覧下さい。
識別表示に関するお問い合せ先 経済産業省リサイクル推進課(TEL: 03-3501-4978)

pet.gif

http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/02/faq/question.html

 ●ペットボトル推進協議会
 ●紙製容器包装リサイクル推進協議会
 ●プラスチック容器包装リサイクル推進協議会
 ●スチール缶リサイクル教会
 ●食品容器環境美化教会

以上 上記参照下さい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

max10th

Author:max10th
MAX10th

食品の業界に15年います。
「幸せな食」をテーマに、安心・安全・栄養・食育等を扱っていきたいと思っています。
このブログは、まずは食品表示検定が内容のメインとなっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート