スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内容量(一括表示明細)

1.基本的な考え方
 
 内容量の表示は、計量法に定められており、同法にしてされている商品(特定商品の販売に係わる計量に関する政令第5条に揚げる特定商品)については、その規定に従って表示をします。
 特定商品以外のものは、JAS法に基づく加工食品品質表示基準により表示し、さらに個別の品質表示基準、公正競争規約等に規定があるもについては、それらの規定に従って表示します。

 

2.内容量の表示方法

 ①特定商品

 ・特定物象量を表す数字及び文字を、容器包装の見やすい箇所に見やすい大きさ及び色をもって表示。
 ・法定計量単位の記号を用いる場合には、グラム(g)、リットル(L)など、法に規定する記号を用います。
 ・特定物象量を表す数値が1万以上とならないような計量単位を用います。

 ②特定商品以外(「加工食品品質表示基準」による表示)

 ・特定商品以外のものについては、内容重量、内容体積又は内容数量を、それぞれグラム(g)、キログラム(kg)、ミリリットル(ml)、リットル(L)など、法に規定する記号を用います。
 ・固形物に充填液を加え缶又は瓶に密封したもの(固形物の管理が困難なものを除く)にあっては、固形量及び内容総量として表示します。ただし、内容総量については、固形物と内容総量がおおむね同一の場合又は充填液を加える主たる目的が内容物を保護するためのものである場合は、この限りではない。
 ・固形物に充填液を加え缶及び瓶以外の容器又は包装に密封したもの(たけのこ、山菜などの野菜の水煮、こんにゃくなど)にあっては、固形量として表示することが出来ます。

 ・特定商品以外で内容量を外見上容易に識別できるものについては、省略することが出来ます。
 ・「内容量を外見上容易に識別できる」とは、製品が容器包装された状態で、容器包装を開かずに、内容数量を外見から容易に判別することができる場合をいいます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

max10th

Author:max10th
MAX10th

食品の業界に15年います。
「幸せな食」をテーマに、安心・安全・栄養・食育等を扱っていきたいと思っています。
このブログは、まずは食品表示検定が内容のメインとなっています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ツイート